« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

今日は旧暦の1月1日

170128
旧暦では今日からが酉年。
遅ればせながら昨年を振り返ってみた。
2016年に香港へ行ったのは、1月、5月、9月の3回。
久々に3回しか行かなかった。
クリスマスの時期に行かなかったというのも珍しい。代わりにハワイへ行ったということもあるが。

実は健康診断で糖尿病の疑いを宣告されてしまい、7月から医者の指示でダイエットを余儀なくされてしまっていた。
この年になって、いままでの暴食のツケが来たというのも事実だろう。
運動と糖質制限をしたおかげで危機的状態を脱することはできたのだが、すっかり食欲にブレーキがかかるようになってしまった。
リバウンドが怖いし、事実年末年始の頃には気をつけていても体重が2kg増ということになってしまい、やっとそれを元に戻したところだ。

例えばハワイなら「食」以外にも楽しみがあるのだが、香港の楽しみと言えば「食」に尽きる。
「旅行中は楽しんでいいよ」と、我が家の趣味をよく知るかかりつけ医は言ってくれるが、かつてのように何も考えずに楽しむというわけにいかなくなった。

そこへもって香港の中国化への動きが止まらないという失望感。
中国政府は返還50年で一国二制度を止めるのではなく、50年かけて徐々に止めると公言している。
今年は返還20年だから5分の2は中国化が進んだということになる。
残された期間が5分の3ということではないのだ。
再開発の動きが進み、香港らしい雰囲気が薄らぎ、本当に中国の地方都市の一つになってしまうのも時間の問題となってきたようだ。

また、アラスカへ3年連続で出かけたことも理由の一つとなった。
寒い上に何もないという香港とは対極のようなところがとても気に入ってしまい、人で溢れ返る香港がつらくなりつつある。

そして、「香港美食探訪」の黎明期からの付き合いだった方が数年前に亡くなったというのも、いまだに尾を引いている。
この年になれば、「生きていくということは人を見送るということ」とわかっていても、やりきれない。
かつては香港に到着とともに電話をかけて食事の約束をしていたものだが、それもなくなった。
とうとう香港旅行用に買った携帯電話を持ち歩くこともしなくなってしまった。

そんなこんなで、何となく気持ちも足も香港から遠のいてしまったのだった。
香港へ行けば、依然として友達に会うのも楽しいし、食べ物もおいしい。
「買う物がない」と言いながらも、帰国する時にはスーツケースがいっぱいになっているというのも事実だ。

しかし、今年も香港旅行は短い旅程で3回程度になってしまう気がしている。
そんな中でもささやかながら思いついたことを、少しずつ記録に残していきたいと思う。【Ham】

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »