« クリスマス百景@香港あちこち('15年) | トップページ | 「食」メモNo.33 周記點心茶餐廳 »

「食」メモNo.32 甘牌燒鵝

170313a『米芝蓮指南(ミシュランガイド)』で2015年から連続で一つ星を獲得。
本家(?)の鏞記酒家よりもこちらの方が有名になっちゃった気がする。
敷居の高いレストランよりこっちの方がはるかにハードルが低いし、行く人が増えてSNSにアップする人が増えればそれだけ人気も上がろうというもの。

で、行ってみたら、昼時を外したにもかかわらず20分待ちとは人気あるね~。
店の中は席の間隔が狭くて、隣の人と肩がぶつかりそうになりながら食べるという、カジュアルな店によくあるタイプ。
メニューは英語併記だし店員さんは英語が通じるし、注文には苦労しない。
我が家が注文したのは、
✣燒鵝雙拼飯
✣甘牌燒鵝髀瀨粉

170313b
燒鵝(ガチョウのロースト)と燒腩(皮つき豚のロースト)のせご飯。
鏞記のと並べて食べ比べたらちがいがわかるかもしれないけれど、バカ舌の我が家はフツーにおいしいと思う。

170314c
燒鵝髀(ガチョウのモモ肉ロースト)のせライスヌードル。
瀨粉は米粉の極太麺という感じ。
ツルツル滑って食べにくいことこの上ないけど「燒鵝には瀨粉」というのが半ばお約束みたいなので瀨粉で。
スープも含めて全てがフツーにおいしかった。やっぱりバカ舌。

両方でHK$146。
日本円にして2000円ちょっとで『米芝蓮指南』で星を獲得したお店で食べられるというのは確かに魅力的ではあるなぁ。【Kei】

甘牌燒鵝:香港灣仔軒尼詩道226號寶華商業中心地鋪

|

« クリスマス百景@香港あちこち('15年) | トップページ | 「食」メモNo.33 周記點心茶餐廳 »