« 紹華小廚の豉汁帆立貝象拔蚌飯 | トップページ | スリ(?)に遭遇@尖沙咀 »

通記麵食專家の紫菜八寶粉

170316
通記の「全部のせ」、HK$55。
具は、魚旦(魚のすり身団子)、墨丸(イカのすり身団子)、豬丸(豚挽肉団子)、牛丸(牛挽肉団子)、魚餃(魚のすり身ギョウザ)、雲吞(エビワンタン)、魚片(魚のすり身揚げの薄切り)、魚角(魚片の端の切り落とし)の8種類と紫菜(海苔)。
麺も選べて、我が家は「粉(平打ちのライスヌードル)」を選択(麺抜きもできる)。

具で好きなのは例によって魚角。
そして意外においしくてビックリしたのが牛丸。
牛肉の旨味が詰まっていて、これだけおいしい牛丸はなかなかお目にかかれない。

普通のサイズの麺は一つHK$30、具を2種類にしたらHK$35。
二人で分けてこの値段なら1個の具を分けなくちゃいけないこともあるけれどお得だと思う。
店の人も心得たもので、黙ってても取り分け用のお椀を持ってきてくれる。

…と、書いてたら食べたくなってきた。【Kei】

通記麵食專家:九龍旺角通菜街89號

|

« 紹華小廚の豉汁帆立貝象拔蚌飯 | トップページ | スリ(?)に遭遇@尖沙咀 »