« 2017年4月 | トップページ

スタバの「Vintage Hong Kong系列」

170523b
スタバ(星巴克咖啡)の「Vintage Hong Kong系列」のマグやらタンブラーやらが発売されていたらしい。写真は香港のスタバのサイトから拝借。
こういうのには手を出さないと決めていたけれど、たまたま通りかかった觀塘のスタバで見かけてこういうのに手を出すHさんに「いる?」と聞いたら「いる」と。

170523c
デミタスカップぐらいのかわいいサイズのカップのセットは、
3oz Vintage Hong Kong傳統食品咖啡杯套裝
3oz Vintage Hong Kong特色交通咖啡杯套裝

買うことは買うけどお土産にして他人に押しつける作戦。【Kei】

|

「食」メモNo.39 華嫂冰室@觀塘

170520a元朗に「華嫂」なる評判の茶餐廳があることは知っていたが、交通が便利になったご時世とはいえ二の足を踏んでいた。
その華嫂が最近觀塘に支店を出したことを知り、我が家でも行けるだろうということで行ってみた。

MTRの觀塘駅から歩くこと数分。
工場街を抜けたちょっと辺鄙な所にあるビルの1階。
正直言って便利な立地とはいえないのに、店の前には順番待ちの人がいっぱい。
順番待ちの番号札を取ると、わりとすぐに呼ばれて店内へ。

注文したのは、看板メニューの招牌菠蘿包(パイナップルパン)と「觀塘限定」と書いてあったメニューの檳城喇沙湯米粉(ラクサビーフン)。
米粉のトッピングは豬扒(ポークチョップ)、雞翼(手羽先の唐揚げ)、肥牛(牛肉)から豬扒を選択。

170520b   
170520c
招牌菠蘿包は、卵焼きとトマトとバターが挟んである。
組み合わせとしてベストなのかはわからなかったけれどバカ舌なので特に違和感はなかった。
時々遭遇する「パンはおいしいのにバターがイマイチ」ということもないし。
第一メチャクチャ忙しい時間帯なのに丁寧に作ってくれているところが嬉しい。
檳城喇沙湯米粉は見た目ラクサだったが、味はトムヤムクンに近くてちょっと拍子抜け。
決しておいしくないわけじゃないけど、具沢山ということもあって二人がかりでも一人前を完食ならず。
これは一度で十分かな?

MTRで行ける所にオープンしてくれたおかげで随分ハードルが低くなった。
次回は他のメニューを試してみたい。【Kei】

華嫂冰室:九龍觀塘敬業街55號皇廷廣場1號舗 ※日曜休み

|

スタバの香港版ラゲージタグ

170519
1月に行った時も3月に行った時も気になっているラゲージタグ。
"Hong Kong"と書いてあるから地域限定だと思う。
気になってはいるものの、これをバッグにつけた時のことを想像すると、やっぱり勇気がなくて買わずじまい。
値段もそれなりだしね。【Kei】

|

「食」メモNo.38 肥鉒火鍋小廚

170516a我が家が「食」に関して全幅の信頼を置く香港人の友人夫婦が指定したのがこちら。
佐敦のはずれの街市(生鮮食料品市場)にある屋台。
聞けば、ここのスタッフは横浜に本拠地を置き、香港へ逆上陸を果たした"H"出身とか。
高級店並みに質の高い料理を屋台で食べられるらしい。
否応なしに期待してしまう。

注文は友人におまかせ。
✣炸子雞(鶏の丸揚げ)
✣煎香芋魚腸(魚の腸とタロイモ入り卵焼き)
✣生啫唐生菜(中国レタスの炒め煮)
✣椒鹽奄仔蟹(蟹の塩コショウ風味蒸し)

170516b   
170516c   
170516d   
170516e
まず炸子雞のホテルのレストランかと見間違えるほどの美しさに目を見張る。
味も高級レストラン並みな丁寧さが伝わってきておいしい。
他の料理も一つ一つめりはりがきいていて(味が濃いという意味ではなく)期待以上においしかった。

フライトの到着が2時間遅れたおかげで、夕食のつもりが「夜食」になってしまったので、軽く食べることになってしまった。
次回はちゃんと「夕食」を食べに行きたい。【Kei】

肥鉒火鍋小廚:九龍佐敦寶靈街17號官涌街市及熟食中心2樓

|

« 2017年4月 | トップページ