「食」メモNo.34 原汁原味

170324a紹華小廚で煲仔飯を食べてしばらくしたら小腹が空いてきた。
ふと思いついて原汁原味へ。
ここの階上にあるホテルに泊まった時からずっと気になってたので。
改めてメニューを見ると、価格帯は幾分高めという印象。

注文したのは、
✣足料老火湯
✣生者時蔬
✣海味什菜粉絲煲
✣紅飯
小腹を埋めるためとはいえ、野菜ばっかり。
店員さんは「もっと食べろー」攻撃をしかけてくるが、「2回目の夕食だからそんなに食べられん」と言ったらドン引きされた。

170324b
大好きな例湯(日替わりスープ)。
具は最もオーソドックスな人参と大根と豚肉。

170324c
ちょっとクセのある香りがクセになる。
この料理は芥蘭(カイラン)よりも生菜(レタス)の方が好み。

170324d
テーブルの上に置かれたら今度は我が家がドン引き。
どんだけ多いんじゃー!
でも完食。

170324e
白飯ではなくて、紅飯。
赤米が入ってて、こういうのは初めて見た。

会計はHK$314(チップ別)。
おすすめ料理を食べてないので何とも言えないけれど、「原汁原味」はいいとして、もう少し主義主張の感じられる味だったらいいかも?
それと二人だと、どうしても割高。
ほとぼりが覚めた頃に人数を揃えて行ってみるかね。【Kei】

原汁原味:香港灣仔灣仔道141號

|

芝麻緑豆甜品屋の紅豆沙拼蛋白燉鮮奶

170319
3年越しの悲願だった、芝麻蛋白燉鮮奶(黒ゴマのお汁粉入りミルクプリン)合桃蛋白燉鮮奶(クルミのお汁粉入りミルクプリン)、そして紅豆沙拼蛋白燉鮮奶(小豆のお汁粉入りミルクプリン)と、「ミルクプリン三部作我が家命名」をこのたびめでたく完結。
こんなことが「悲願」とは、我ながらいかがなものかと思うが。

とても期待していた紅豆沙拼蛋白燉鮮奶は、クルミ同様、「合わない」と言えないまでも「合う」とも言えない感じ。
ミルクプリンとの組み合わせは、やっぱり黒ゴマが一番合うと思う。

ともあれ、MTRが延長されたおかげで黄埔駅から歩いてすぐと、とても行きやすくなったのは嬉しい限り。【Kei】

芝麻緑豆甜品屋:九龍紅磡民泰街16號

|

通記麵食專家の紫菜八寶粉

170316
通記の「全部のせ」、HK$55。
具は、魚旦(魚のすり身団子)、墨丸(イカのすり身団子)、豬丸(豚挽肉団子)、牛丸(牛挽肉団子)、魚餃(魚のすり身ギョウザ)、雲吞(エビワンタン)、魚片(魚のすり身揚げの薄切り)、魚角(魚片の端の切り落とし)の8種類と紫菜(海苔)。
麺も選べて、我が家は「粉(平打ちのライスヌードル)」を選択(麺抜きもできる)。

具で好きなのは例によって魚角。
そして意外においしくてビックリしたのが牛丸。
牛肉の旨味が詰まっていて、これだけおいしい牛丸はなかなかお目にかかれない。

普通のサイズの麺は一つHK$30、具を2種類にしたらHK$35。
二人で分けてこの値段なら1個の具を分けなくちゃいけないこともあるけれどお得だと思う。
店の人も心得たもので、黙ってても取り分け用のお椀を持ってきてくれる。

…と、書いてたら食べたくなってきた。【Kei】

通記麵食專家:九龍旺角通菜街89號

|

紹華小廚の豉汁帆立貝象拔蚌飯

170315
聞くところによると、炭燒(炭火炊き)の煲仔飯を出すらしいということで行ってみた。
メニューから選んだのは、他のお店になさそうな豉汁帆立貝象拔蚌飯(ホタテ貝とミル貝のトウチ風味土鍋炊き込みご飯)。
具がちょっと豪華なだけあって、貝の旨味たっぷりのタレがご飯にしみこんでおいしかった。
しかし、二人とも相変わらずのバカ舌なので、ガス炊きと炭火炊きの煲仔飯のちがいがわからずじまい。
いつかガス炊きと炭火炊きのちがいがわかるようになってみたいもの。【Kei】

紹華小廚:香港筲箕灣愛秩序灣道15號愛秩序灣街市熟食中心CF3

|

「食」メモNo.33 周記點心茶餐廳

西多(フレンチトースト)が有名だけど、点心もある茶餐廳。
こぎれいで入りやすい。
注文したのは、
✣奶黄流沙西多士
✣鴛鴦燒賣(黒松露&蟹籽)
✣懷舊珍珠雞
✣熱奶茶

170315a
奶黄流沙西多士はナイフを入れると中からカスタードが溢れ出るというもの。
ここ数年「流沙」が流行ってるけれど、フレンチトーストにも及んでいるらしい。
油っぽさもほどほどで、まぁおいしい。

170315b
点心はフツー。
でも西多と点心と両方やっててこの水準なら及第では?
メニューには一応「手工自家製作」って書いてあるし。

ちょっと変わった朝食を食べたい時にいいかもしれない。
MTRも延長して行きやすくなったことだし。【Kei】

周記點心茶餐廳:香港西環西營盤水街東利大廈地下

|

「食」メモNo.32 甘牌燒鵝

170313a『米芝蓮指南(ミシュランガイド)』で2015年から連続で一つ星を獲得。
本家(?)の鏞記酒家よりもこちらの方が有名になっちゃった気がする。
敷居の高いレストランよりこっちの方がはるかにハードルが低いし、行く人が増えてSNSにアップする人が増えればそれだけ人気も上がろうというもの。

で、行ってみたら、昼時を外したにもかかわらず20分待ちとは人気あるね~。
店の中は席の間隔が狭くて、隣の人と肩がぶつかりそうになりながら食べるという、カジュアルな店によくあるタイプ。
メニューは英語併記だし店員さんは英語が通じるし、注文には苦労しない。
我が家が注文したのは、
✣燒鵝雙拼飯
✣甘牌燒鵝髀瀨粉

170313b
燒鵝(ガチョウのロースト)と燒腩(皮つき豚のロースト)のせご飯。
鏞記のと並べて食べ比べたらちがいがわかるかもしれないけれど、バカ舌の我が家はフツーにおいしいと思う。

170314c
燒鵝髀(ガチョウのモモ肉ロースト)のせライスヌードル。
瀨粉は米粉の極太麺という感じ。
ツルツル滑って食べにくいことこの上ないけど「燒鵝には瀨粉」というのが半ばお約束みたいなので瀨粉で。
スープも含めて全てがフツーにおいしかった。やっぱりバカ舌。

両方でHK$146。
日本円にして2000円ちょっとで『米芝蓮指南』で星を獲得したお店で食べられるというのは確かに魅力的ではあるなぁ。【Kei】

甘牌燒鵝:香港灣仔軒尼詩道226號寶華商業中心地鋪

|

「食」メモNo.31 McDonald's Next

170308eマクドナルド(McDonald's)に新形態の"McDonald's Next"という店ができたと知って行ってみた。
旗艦店が金鐘のマクドナルドらしい。
もちろん、どこのマクドナルドにもある通常のメニューもあるらしいが、売り物は自分でハンバーガーやサラダをカスタマイズする"Create Your Taste"というもの(11時から23時まで)。
大妹家族がアメリカに駐在していたおかげでアメリカの食べ物に抵抗がなくなったどころか、かなり好きになっちゃった我が家、しかもこの形態はアジアでは香港が最初とか。

170308d
まずはタッチスクリーンで流れに沿ってカスタマイズ。
選ぶだけなので簡単だし、横で店員さんが丁寧に説明してくれる。

170308f
注文したものはこちらで作ってくれる。

170308g
完成品は店員さんがテーブルに運んでくれる。
アンガスビーフ100%のパテはなかなか。

レストランのグルメバーガーには及ばないが、ファストフードの感覚でちょっとおいしいハンバーガーを食べたい時にちょうどいい。【Kei】

Create Your Taste:http://campaign.mcdonalds.com.hk/en/

|

康瑞涼茶の特式仙草百配

161125去年の今頃、"OpenRice"のFacebookで見て行ってみた。
MTR深水埗駅から10分ほどと、結構歩いて(心理的に「茘枝角道を渡る=遠い」)目指す店へ。
行ってみると、「康瑞涼茶」と「康瑞中醫診療所」の看板。
隣り合って二つの店(?)があった。
デザート類はカウンター形式の「涼茶」の方で売っている。
ということは持ち帰り専門?
注文を取ってくれたいかにもご主人と思しき男性に尋ねたら、やはり持ち帰りだけらしい。
ところが、「ちょっと待って」と言われ、隣の「診療所」の待合室に折り畳みテーブルを入れて食べられるようにしてくださった(嬉)。

特式仙草百配は、器の底に仙草、その上に小粒の白玉(色から察するにカボチャとタロイモ)・タピオカ・ハト麦・小豆がたくさん。
それぞれの味と食感が楽しい。
仙草は涼粉に似ているけれど、食感はこちらの方がモチモチした弾力がある。
ご主人曰く、全て奥様の手作りとか。

店を出る時、「また来てね」と言ってくれたせいか、9か月後に再訪した時に覚えていてくれたのはちょっと嬉しかった。
他のデザートももちろんおいしいのだけれど、2回行って2回とも特式仙草百配を注文。
多分3回目も特式仙草百配を注文すると思う。
目下香港で一番好きなデザートと言ってもいいかもしれない。【Kei】

康瑞涼茶:九龍深水埗醫局街179A地舗

|

永合成馳名煲仔飯の炒粉麵餐

160301
永合成は朝から煲仔飯(土鍋炊き込みご飯)が食べられるところがスゴイのだけれど、朝食のセットメニューも「炒粉麵餐」なるちょっと変わったメニューがあった。
「豉油皇炒(醤油炒め)」の河粉(平打ちライスヌードル)または麵(細麺)または米粉(ビーフン)の三択に飲み物つき。

朝食で豉油皇炒麵は割合よく見かけるし、米粉も「湯米(スープ入りビーフン)」でよく見かけるけれど、茶餐廳の「A餐」とか「B餐」を見慣れた身にはちょっと新鮮。
煲仔飯ともども、ちょっと趣向の変わったメニューだと思う。【Kei】

永合成馳名煲仔飯:香港西環德輔道西360號地舖

|

永合成馳名煲仔飯の煲仔飯

160229
MTRが延長されたので西環方面へのアクセスが格段によくなった。
かねてから行きたいと思っていた永合成馳名煲仔飯へ。
以前は「永合成餐廳餅店」という店名でガイドブックで見たような気がするけれど、どうやら引っ越しして店名も変えたらしい。

テーブルについたら「煲仔飯もあるよ」と言われてビックリ。
朝から煲仔飯(土鍋炊き込みご飯)が食べられるなんてスゴイ店だ。
オーソドックスなメニュー展開で、注文したのは煎蛋牛肉煲仔飯(目玉焼きのせ牛肉の土鍋炊き込みご飯)。
最初は「二人で一つにしよう」なんて言ってたけれど、一人でも完食できそうな感じ。量が少なめ?
嬉しかったのは、お焦げをプラスチックのレンゲでこそげていた時に、お店のおばさんが金属のスプーンを持ってきてくれたこと。

朝食のメニューってどうしても似たり寄ったりになってしまうので、ちょっと趣向を変えたい時にいいかも?
ただ、30分ほど待たなければならないので時間がない時は不向き。【Kei】

永合成馳名煲仔飯:香港西環德輔道西360號地舖

|

より以前の記事一覧