「食」メモNo.36 美心・翠園@HKG

170419a
3年前のゴールデンウィークのアムステルダム・パリ旅行での帰りは、香港での乗り継ぎ時間が3時間半。
「ちょっと飲茶でもしよう」ということになり、入国。

啓德國際機場の時代には美心閣にたびたび行っていたけど、現在の空港になってからは開業直後の1回だけ。
ある意味ちょうどいい機会。

食器が小洒落た雰囲気で面食らう。
大昔の美心集團のレストランを知る身としては、まるで別のレストラン。
唯一変わらないのは、店員さんの不愛想な対応ぶり。

170419b
メニューは場所柄英語併記かつ写真つきでわかりやすい。
味はさすがに美心集團、それなりのレベル。
そして4品軽く食べてもさすがに空港価格で、HK$200。
空港内のレストランとしてはギリギリ許容範囲かな~?【Kei】

|

遅延&迷走フライト@CX

搭乗してしばらくしたら、「香港が悪天候のため出発が1時間20分遅れます」というアナウンス。
「もうっ!乗る前に言ってよね!」と思ったが、ほどなくして寝落ちしてしまって正確な時間はわからなかったけれど、多分1時間もしないうちに出発。
ホッとしたけれど、そうは問屋が卸さなかった。

170406c
香港が目の前というところで、なかなか着陸する様子がない。
すると、「空港が混んでいて着陸の許可を待っています」というアナウンス。
「あ~も~、夕食に遅れるじゃん!」と再び不満爆発。

170406d
ふと窓の外を見ると、外が明るい。
我が家を乗せた飛行機はあちこち飛んだついでに、澳門の方までも行っていたらしい。
初めて見たヨ、澳門。

結局2時間遅れで到着。
フライトが遅延続出だったらしく、空港が結構混雑してた。
「搭乗した後に遅延」というのは初めての経験だった。【Kei】

|

飛行機から見たブロッケン現象@HKG

170301a
香港上空の遊覧飛行からの~

ほどなくして海の上へ。
海しか見えないはずなのに写真を撮りまくるHam。
カメラを覗いてみたら…

170301b
「あっ!グロッケン現象!きれい!」
「それは楽器の名前!キミいったい何十年オーケストラやってんの?」 
「…」
それにしても初めて見たよ、グロッケン、じゃなくてブロッケン現象。詳しくはコチラ

日系の航空会社らしい快適なサービスの上に、遊覧飛行といいブロッケン現象といい、大変シアワセなフライトになった。【Kei】

|

香港上空の遊覧飛行@JL

170228f
フライトマップでは香港の市街地の上空を通って香港国際空港へ近づくという素敵なルートになってる。
でも、フライトマップってそこまで精密なのかなぁ?

170228g
…と疑ってたら、西貢の東の方を通過して、

170228h
本当に市街地の上空を通過してるよー!

170228i
望遠で撮影。

170228j
広角で撮影。

香港旅行歴100回以上なれど、こんなにきれいに見えたことは私の記憶ではほんの数回。
これだけで香港に来た甲斐があったというもの。【Kei】

|

改装したCXラウンジ@HKG

キャセイパシフィック航空のThe Pier(玉衡堂)が大々的に改装されたというので2015年10月の香港旅行の時に見学がてら行ってみた。

170217a
何しろ60番台のゲート近くなので、以前はあえて行きたいと思わなかった。
天井が低いし雰囲気も垢抜けない感じだったし。

170217b   
170217c   
170217d
以前がどうだったか思い出せないくらい劇的に変わっていた。

"The Dining Room"という食事のできる広いスペースは、アラカルトメニューから注文する方式。
スターターからデザート、飲み物まで一通り揃っているだけでなく、もちろん中国料理もあって、ホテルのコーヒーショップみたい。

170217e 170217f
170217g 170217h
2015年10月は、Hamは洋食メニューから、私は中国料理から選択。

170217i 170217j
今回(1月)は、Hamはチーズと果物すっかり女子化、私は名物の"Dan Dan Mien"。

170217k   
170217l
The Dining Roomと反対側にはちょっとした食べ物を置いてある"The Pantry"という小部屋がある。

170217m
デザートも香港らしさにこだわって紅豆椰汁布甸(小豆とココナツのプリン)。ついでにチョコレートも。

170217n
足のマッサージもしてもらえるらしい。
試しに聞いてみたら、2時間待ち!

170217o
ソファーのあるスペースが混んできたので"Day Suites"へ避難。

170217p   
170217q
毛布などはないけれど、大きめのカウチはしばらく寛ぐには最高。

60番台のゲート付近と立地はいいとは言えないけれど、居心地はここが一番いいと思う。
今後、名古屋行きの飛行機が60番台のゲートから出発してくれることを祈る。【Kei】

|

「ラウンジのご利用に際してのお願い」@CX

150903
キャセイパシフィック航空の上級会員で友人のRさんがFacebookでシェアしていて、新鮮な気がしたので覚え書き。

せっかくの資格なんですから、自分も他の人も快適に過ごせる気遣いや振る舞いを当たり前にしたいものです。【Kei】

|

「おトクだ値♪夏のビジネスクラススペシャル」@CX

150626
キャセイパシフィック航空の旅行会社、キャセイホリデーが「おトクだ値♪夏のビジネスクラススペシャル」というツアーを販売中です。画像はキャセイホリデーのサイトからお借りしました。
往復とも午前便で二人参加での金額という制約はありますが、2泊3日で60000円台から、しかもマイルも加算可能(予約クラスはIクラス)と、内容としてはかなりお得。

皆さん、いかがですか?【Kei】

|

名古屋=香港 深夜便復活?

先日、「キャセイパシフィック航空2532便」というフライトを偶然発見。
調べてみたら、名古屋-香港に深夜便が運航しているらしい。画像は"FlyTeam"のサイトからお借りしました。

✣名古屋-香港
150520a

✣香港-名古屋
150520b

5月以降は調べていませんが(そのへんの熱意のなさが香港への熱が冷めてる証拠)、もし6月以降も運航しているなら、0泊2日の香港旅行を真面目に考えよう。【Kei】

|

昔日の香港啓徳國際機場No.2

150302
記事数900件目の記念に昔の香港啓徳國際機場(Hong Kong Kai Tak Airport)に着陸寸前の機内からの写真を。地上から見た写真はコチラ
「紅雙喜」というタバコの広告が懐かしい。

そしてまた「昔の香港は面白かったな~」と遠い目になってしまうのであります。【Kei】

|

キャセイパシフィックMUFGカード

150301
キャセイパシフィック航空が国内初のクレジットカードを発行したそうな。画像はキャセイパシフィック航空のサイトからお借りしました。
以下、キャセイパシフィック航空のサイトからの抜粋です。
「キャセイパシフィック航空は三菱UFJニコスと提携し、日本国内では初めての提携クレジットカードとなる『キャセイパシフィック MUFGカード』を導入する。カード利用で同航空が提携するマイレージプログラム『アジアマイル』におけるマイルを積算しやすくするなど、利用客へのサービス充実を図る」。

やっと出たか…という感じ。
あと5年早かったら我が家も入会していたことでしょう。【Kei】

|

より以前の記事一覧